耳鳴りで極端に高い音や低い音がする場合

耳鳴りめまい

 

この場合には、しばらくの間継続して聞こえたり、耳を塞ぐと音が逆に大きくなってしまうといった特徴があります。

 

まず、「キーン」や「ピー」といった極端に高い音が聞こえてきてしまう場合には、内耳の障害の可能性があります。高い音が聞こえてくるということは、内耳のなかにある感覚細胞に問題がある可能性が高く、そのなかでも高い音を感知する有毛細胞に異常があるかもしれません。

 

そして逆に「ボー」や「ブー」といった極端に低い音が聞こえてきてしまう場合には、中耳の障害の可能性があります。

 

この主な原因は、住んでいるところの環境の変化が大きく、気圧の変化といった外的なものから、ストレスの多い環境に身を置いていると発生してしまうなど内面的なものもあります。その障害によってそのまま放置してしまうと、中耳炎になってしまったり、メニエール病などが発症してしまう危険性をはらんでいます。

 

このように、疾患の可能性がある現象となります。

耳鳴りで単音ではなく雑音のような音がする場合

この場合には、原因が極端に簡潔なものと複雑なものに分かれるといった特徴があります。

 

まず、「ガサガサ」といった音が耳の中で聞こえてきてしまう場合には、外的、かつ、物理的な原因によります。具体的に言うと、異物が耳の中に入ってしまっている可能性があり、耳の穴のなかに髪の毛や耳垢のかたまりが入っており、鼓膜に触れてしまっているため、そのような音が発生してまっているのです。

 

次に、「パタパタ」や「ポコポコ」といった音が耳の奥や鼓膜あたりで聞こえてきてしまう場合には、耳管狭窄症や耳管開放症などの可能性があるほか、鼓膜張筋がけいれんしてしまっている可能性があります。

 

けいれんしてしまっている場合には、肉体的に、および、精神的にも疲労がたまってしまっている可能性があり、仕事などが忙しかったなどが考えられますので、そういった場合にはゆっくりと休養をとって体を休めることが必要になってきます。

耳鳴りで脈のような鼓動をうつ音がする場合

この場合は、「ドク、ドク」「ドク、ドク」といった音が聞こえてくる場合であり、複数の原因が考えられます。まず、最初に考えられるのは、中耳炎や耳管狭窄症などの疾患が原因であると考えられます。

 

鼓膜の奥で気圧の低下が起こっている場合で、耳鳴りの音との自分の脈が一致した場合に起こってしまうのです。次に考えられるのは、血管性の疾患の可能性があります。

 

最後に考えられるのは、強い貧血になったときに起こる可能性があります。このように普通に生活していれば起こる可能性は低いのですが、環境の変化などで、肉体的に、または、精神的に何かしらの攻撃をうけたときに発生します。

 

そのため、単なる耳鳴りだと思わずに、どういった音がしているのかといったことにまで着目すると良いです。そうすることで、自分の体から発する危険のサインにいちはやく気づくことができ、健康な毎日を送ることができるといった利点があります。